モレスキンポケットはハードタイプの方が使いやすい?

ツール
この記事は約2分で読めます。

紙のメモ帳やノートの中でも人気のあるモレスキン。

価格も2,000円ほどする、メモ帳にしては高級品の部類ですね。

これまではモレスキンポケットのハードタイプを使っていたのですが、今回初めてソフトタイプを購入しました。

手になじみそうでいいかなと思って買ったら予想は的中。前に書いたページを見返すときに、表紙が柔らかく折り曲がってくれるので、非常にめくりやすいのです。

しかし、使いはじめの左ページへの書き込みは、正直ハードの方が書きやすのも事実。

といのも、ハードな表紙が下敷き代わりなって安定した土台となってくれるからです。

ソフトの表紙は柔らかいので、以下のような体勢でメモをすることに向いていないと感じました。

  • 立ったまま書くと安定しない
  • 座っていても、膝の上じゃ安定しない

ハードを使っているときは、上の二つのシーンでも、硬い表紙が支えてくれて、書いているときの安定感は抜群でした。

一方、ソフトは以下のようなシーンで「ソフトもいいかも」と感じます。

  • 過去ページをめくる
  • バッグに入れるときにゴツゴツしてない
  • 持ったときにフィット感がある

触りたいと感じるのはソフトの方です。

しかし、個人的には、「どんな体勢でも書きやすいハード」が使いやすいので、今回買ったソフトを使い終わったらハードに戻します。たぶん。

ソフトを使い終わる頃に「やっぱりソフトが使いやすい!」となっていた場合は、どう使いやすかったのか、またここで書きますね。